冷たい薔薇 第1章から

「それでは、始めましょうか。」
「すぐに終わるだろうがね。」


黒沢様、私の腐れた小説にかくも美しい挿し絵を有り難うございます。

THE GATE TO DARKNESS TOP